茅ヶ崎徳洲会病院

Now Loading...

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床のごあんない

茅ヶ崎徳洲会病院では、9月1日より「地域包括ケア病床」を開始いたしました。

地域包括ケア病床とは、急性期の治療が落ち着いた方ですぐに自宅や施設に退院して療養することに不安がある方や、在宅生活に戻るために引き続きリハビリが必要な方が入院するための病床です。
地域包括ケア病床の入院日数は「最長60日まで」です。

地域包括ケア病床のイメージ

地域包括ケア病床では、在宅復帰をスムーズに行うため主治医・看護師・リハビリ職員・社会福祉士などが協力して在宅退院に向けた集中的な支援を行っていきます。

主に入院対象となる患者様
  1. 急性期治療により症状が安定したが、在宅や福祉施設に戻るために継続でリハビリや経過観察が必要な方
  2. 急性期治療により症状が安定したが、施設入居手続き中や制度利用、介護認定手続き等で退院準備に時間が必要な方
  3. 在宅療養中で、医療の必要性が高く介護施設でのレスパイトケアを利用できない方
  4. 自宅や福祉施設入居中の方で入院治療が必要な方のうち、比較的軽症と医師が判断した方

※地域包括ケア病床への入院を希望される場合でも、患者様の治療内容によっては一般病床にてお受け入れする場合があります。

受け入れ可能な処置
胃ろう 鼻腔栄養
在宅酸素 在宅人工呼吸器
気管切開 たん吸引
人工肛門 膀胱瘻・腎瘻
トレナージ管理 褥瘡処置
その他 応相談    

※全身状態や治療行為の内容によっては、一般病床に入院となることがあります。

入院費について(「地域包括ケア入院医療管理料」を算定した患者様に限る)

入院費は1日当たり定額制で、リハビリテーション・処置料・投薬料・注射料・検査料・画像診断料・入院基本料の費用が含まれています。
※食事代や保険診療対象外の費用(室料差額、病衣代など)は含みません。
高額療養費制度が適用になりますので、ひと月の医療費の自己負担額上限は一般病床の場合と変わりありません。

(例)自己負担が1割負担の方(一般所得) 31日分の入院費概算
57,600円(自己負担上限)+42,780円(食事代)+おむつ代(15,000円前後)=110,560円程度
(上記にレンタルセット代や室料差額代・文書代等は含みません)
上記の金額は1割負担(一般所得)の方の概算であり、3割負担の方や非課税世帯、医療費助成のある方は計算方法が変わります。
費用の詳細についてはソーシャルワーカーまでお問い合わせください。

地域包括ケア病床の入院についてのお問い合わせ

地域包括ケア病床への御紹介や利用に関するお問い合わせは、地域医療支援室 ソーシャルワーカーがお受けしております。

入院の流れ

地域包括ケア病床入院のご希望がございましたら、地域医療支援室までご相談ください。
かかりつけの先生に診療情報提供書を用意していただき、ソーシャルワーカー担当者までご連絡のうえ送付してください。
診療情報提供書で状態を確認させていただき、入院日時を調整の後、担当者よりご連絡させていただきます。
ご不明な点がございましたら、地域医療支援室 担当ソーシャルワーカーまでお問い合わせください。

お問合わせ

問い合わせ連絡先
医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院 地域医療支援室
担当:ソーシャルワーカー 由井 大宮
TEL:0467-58-1311
FAX:0467-58-1461

トップ地域包括ケア病床